乾燥肌を改善したいと思っています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ohada

私は長年、乾燥肌で悩んできました。
コラーゲンやゼラチンが良いと聞き、ゼリーや鶏の軟骨などを食べたこともありました。

しかし、どれも普段からやっていることではなかったので、すぐに味に飽きてしまい、続けることはできませんでした。

最近、たんぱく質の大切さが見直されてきています。
肌の乾燥を防ぐためにも、たんぱく質が重要だと感じています。

私はもともと炭水化物と野菜が中心の生活を送ってきました。
タンパク質は主に大豆食品から摂ることが多かったのですが、それだけではやはり動物性のタンパク質が足りなかったようです。

時々無性に豚肉が食べたくなる時がありますが、毎日は要りません。
魚は肉に比べるとコストが高いので、一番食べないタンパク質かもしれません。
それでもサバ缶や食べる小魚などを利用することもあります。

乾燥肌が起こりやすかったもう一つの原因がスナック菓子でした。
特にポテトチップスは大好きで週に1回は食べていました。

食事を減らしてもお菓子を食べていたので、これも乾燥肌の原因になっていたのだと思います。
また、一人暮らしの時は金曜日の夜は食事を作るのが面倒で、かなりの頻度でカップ麺を食べていました。

食生活の乱れからも乾燥肌になりやすかったのだと思っています。
今はお菓子の代わりにピーナッツを食べています。

ピーナッツは少量でも腹持ちが良いので、間食にも向いています。
また、不飽和脂肪酸という体に良い脂が含まれているので、乾燥肌にも効果があると思いました。

これ以外ではやはりビタミンCが美肌効果を高めると言われているので、なるべく意識して摂るようにしています。
出来るだけ毎日の食事で摂るようにしていますが、それでも不足を感じる時はサプリメントを利用することもあります。

乾燥肌がひどくなる冬から春にかけては、医薬品の保湿クリームを使うこともあります。
しかし、乾燥肌の体質を変えていけば、一般の保湿クリームでも対応できるのではないかと期待しています。

乾燥肌が外気からの影響も大きいですが、やはり体の中が原因の場合も多いような気がします。
同じ環境に居ても、肌が乾燥しやすいかは個人差があります。

年齢や性別にもよって変わってくると思いますし、他にもさまざまな要素があると思います。
しかし、自分の生活習慣を見直すことで、肌の乾燥を抑えることは十分に可能だと思っています。

私は現在、それほど保湿対策をしていませんが、肌の乾燥はほとんど気にならなくなりました。
乾燥しやすい季節になってくると、また状態も違うと思います。
前シーズンよりも乾燥肌が改善していけるように工夫をしていこうと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。