シミやシワを改善させるスキンケア用品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

skinkea

私は肌のシミやシワやたるみなどの肌老化を防ぐために、ビタミンC誘導体を使っています。
日差しに当たって少し日焼け気味だなあという時は、ハイドロキノンも使います。

ビタミンCには、メラニン色素の生成を阻害したり、日焼けによる肌の炎症を抑える効果があります。
そのため、シミの予防になります。また、ターンオーバーを正常にしたり、コラーゲンの生成を活発にして肌にハリを与える、アンチエイジング効果があります。
これにより、シワやたるみが予防できるし、健康な肌に近づけます。

しかし、ビタミンCは酸化しやすく、それに肌への浸透力が弱いのです。その弱点を克服して、肌に浸透するように開発されたのが、ビタミンC誘導体なのです。

以前私が使っていたビタミンC誘導体は、、APPS(アプレシエ)というものです。
これは、従来のAPSよりも少量で効果があるため肌に優しく、また、アンチエイジング効果もAPSに比べて高い成分なのです。
APSはどちらかというと皮脂を抑える効果が高くて、ニキビのできやすい若い人向けなんです。
私のようなアラフォー世代には、やはり、肌に優しく、シワやシミへの効果の高いAPPSのほうが合ってるんですよね。このAPPSでも肌がふっくらとしてキメも整いかなり満足していました。

でも今は、APISというまた別のビタミンC誘導体を使ってみているのです。
弱酸性から中性で肌に優しいというのと、あと、色々と試してみたいとか、楽天ランキングで1位でしかも評判もよかったというのが理由です。
使ってみた感想は、刺激はAPPSとあまり変わらない感じです。でも化粧崩れしにくくなり、皮脂を抑える効果はこちらのほうが高い感じがします。
ビタミンC誘導体は効果をすぐに実感できるものが多いので、これからもいろいろと試してみようと思っています。

けっこう日に当たってしまったなとか、肌がくすんでいる気がする時は、ハイドロキノンも使います。
以前は海外製だったのですが、今は楽天で売っている安定型のハイドロキノンにしています。
海外製の時は、刺激が強いためかハイドロキノンを塗っている時に大人ニキビになり易かったのですが、安定型ハイドロキノンに変えてからはほとんどニキビができなくなりました。

ハイドロキノンはシミを抑えたり、肌を白くする効果が本当に高いのですが、刺激が強く副作用もあります。
3ヶ月使ったら1ヶ月休まないといけないらしいです。私の場合は、ちょっとシミができそうだなという時に、1ヶ月くらいと出来るだけ短い期間だけ使うようにしています。それでもシミはほぼ抑えられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。