アラフォー、たるみに糸リフトアップを試してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kaojyosei

40を目前にして、以前からずっと悩みのタネだったたるみをどうにか改善したいと思い、思い切って糸によるリフトアップ治療を受けてみました。

糸は溶けるタイプと溶けないタイプがあるとの事だったのですが、溶けないタイプは溶けるタイプに比べ効果が少し長持ちする代わりに、炎症を起こす可能性があり、レーザー施術が受けられない可能性もあると聞き、安全性を考えて、溶ける糸で施術を受ける事にしました。

ドクターとカウンセリングをしたところ、年の割にはそこまでたるみが進行していないとの事で、左右2本ずつの糸で十分との事でした。

当日は、睡眠麻酔でお願いしたので、予約時間の3時間前から水と食事を控えたのですが、夏場だったので、これがとても辛かったです。

顔を消毒されたり点滴を入れて施術の準備が整うと、ドクターがやってきて、睡眠麻酔が入れられるとすぐに意識を失いました。

気づくと施術は終わってたようで、看護師さんが顔を吹いていてくれました。あっという間に感じたのですが、実際に時計を見てみると、1時間ほどかかっていました。

睡眠麻酔の他にも、局所麻酔も打たれたので、術後は顔が思うように動かないし、
水を飲もうとしても口が閉じずに口の端から水がだらだらと溢れたりして少し不便でしたが、6時間ほどで完全に麻酔がきれました。
病院から痛み止めと抗生物質を処方されて服用していたけど、このあたりから顔と頭皮がズキズキしてよく眠れない夜を過ごしました。

翌日も少しはましになったけど、それでもまだ痛みが強く、また目の下に大きく内出血が出ていて、びっくりしてしまいました。

顔は腫れていたので、アイスパックで一日中冷やしながら生活をしていたので、腫れは5日目くらいで落ち着いてきましたが、
顔と頭皮の痛みは表情を作る度にズキズキと2ヶ月ほど続きました。
特に横向いて寝ると頭皮が痛むので、まっすぐ寝るように意識していました。

でも一番大変だったのが目の下に大きく出た内出血でした。
ただでさえ目立つ場所にとても濃く出ていたので、2週間は外出が出来ませんでした。
結局内出血が完全に消えるまで20日ほどかかったので、本当に苦労しました。

結果はというと、ドクターが指摘したようにたるみが自分で悩んでたより深刻じゃなかったのか、
劇的な効果は見られませんでしたが、それでも顔が引き締まり、また肌にハリが出たので、満足しています。
維持期間は3年くらいとの事でそろそろ効果も切れる頃なのですが、まだ以前のようにたるみが気になる事もなくなったので、
まだ効果が続いているのだと思います。
痛みを耐えて施術を受けた甲斐があったなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。