混合肌をうまくコントロールして美肌に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jyose-ohada

肌質の種類に「混合肌」というものがあります。
混合肌は、顔のTゾーンは皮脂の分泌量が多い傾向にあるのですが乾燥しやすい部位(Uゾーンが乾燥しがち)も
同じ顔の中に存在することからそのように呼ばれています。
Tゾーンは皮脂の分泌量が多いのに、Uゾーンは夏でも乾燥しやすいというアンバランスな環境です。

頬は乾燥しているのに、Tゾーンがテカっているということがある人はもしかしたら混合肌かもしれません。

混合肌の人がよく抱える悩みとして挙げられることが多いのが「肌荒れ」「乾燥」です。
肌荒れは肌質が安定していないのと水分不足や乾燥から引き起こされることが多いようです。
ニキビが出来やすくなったり、Tゾーンがメイクしてもすぐにテカったり毛穴の開きが気になる傾向にあります。

Uゾーン限定で言えば頬が乾燥しやすい→シワが出来やすいという問題もあります。

混合肌の改善方法ですが、保湿と洗顔がカギになります。

肌を保湿してあげることで乾燥もテカリも防ぐことができます。
夏でも冬でも保湿をしてあげると、毛穴が小さくなって必要以上の皮脂を分泌しなくなります。
頬ももちろん乾燥がエスカレートすることがなく、潤いを保つことが出来たら肌質が全体的に安定するようになります。

夏であってもスキンケアの場面では乳液を使うと良いでしょう。
乳液を塗る時は乾燥が目立つ顔の下半分には少し多めに、Tゾーンの皮脂が気になる部位には薄目に塗ると肌環境を整えられます。

化粧水はさっぱりタイプのものよりもしっとりタイプのものがおすすめです。
さっぱりタイプの場合、Uゾーンがより乾燥しやすくなって毛穴が開いてニキビが出来やすくなってしまうためです。

混合肌の場合、水分をUゾーンに補給してあげないといけません。
もちろん保湿性もUゾーンには特に必要になるため、化粧水はしっとりタイプの方が合っているといえます。

肌に化粧水で水分を補充してあげたあとにその上から乳液で蓋をすれば水分が逃げなくなり、肌が潤うので混合肌が改善されやすくなります。

洗顔の方法においては混合肌の人の場合は、洗顔をするときもTゾーンは洗顔料を少なめに乗せてケアしていきます。
ほかの部位は軽めのケアでOKです。
Tゾーンのテカリが気になってゴシゴシしたくなりますがやりすぎると必要な皮脂まで落としてしまうので泡を優しく乗せて洗う程度がベストです。

洗顔料ですが、混合肌の人には固形石鹸が合っていて少し物足りないくらいのケアが合っています。
固形石鹸の泡をしっかりめに泡立てて、泡で顔を包むようにしながらケアします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。